債務整理 費用

債務整理の費用と法的に借金の問題を解決する対策

↓(街角法律相談所は、匿名で債務整理の費用を含めたシュミレーションと、その他さまざまな質問に関しての無料相談が可能です。

 

街角法律相談所

 

 

債務整理は、事業ローン、キャッシング、消費者金融、グレーゾーン金利の貸金業社、出張貸付けをしてくれるヤミ金、クレジットカード現金化、多数の借金をまとめるおまとめローン、保証債務の為の支払いなど、色々な借入れや保証の為の支払いが原因で、多額の多重債務になってしまって、借金が重なる事で、借金の額が増え、返済がきつくなって支払えなくなって来た時に、経験豊富な弁護士さんや司法書士さんに相談して、債務整理の費用をお支払いし、間に入って手続きをして、借金を支払える状態に整理をして貰って、裁判所を通じお約束の申立てする手続きの制度です。

 

 

債務整理というと、敷居が高いと思われてる場合もあるかも知れませんが、昔と様子が変わっています。

 

 

債務整理の費用が用意出来れば、お願いしますというだけで、カンタンな資料を用意すると手続きして貰えるので、貸金業法の変化等によって利用する方がものすごく増えました。

 

 

昔は破産等すれば、この世の終わりで最後の様なイメージがありましたし、費用も高かったです。

 

 

ですが今は、世の中の理解がとっくに変わって来ていて、昔は破産位しか誰でも知ってる用語は無かったのですが、今は債務整理や任意整理等のCM等を、TVやラジオ等でもよく聞かれると思います。

 

 

また最近では専業主婦の方の借り入れが難しくなったり、借金をした事が原因で人生を終える事になってしまったりする事件等が多発した為、大きな社会問題となり、借入れ金額の上限が定められる様になった事などで、資力が無い方が返せなくなったら更に借入れ先を見つけて、自転車操業する事が出来なくなりました。

 

 

その上ボーナスカットやリストラ等不況の影響も続き、そういう理由もあって、債務整理を利用する方々が一度に増えて、債務整理をする事自体が全く珍しい事でも、人より劣ると劣等感を感じる事も、無くなってきたのです。

 

 

テレビやラジオ映画やドラマで活躍する、カンニ○グ竹山さんも債務整理した経験がある事を打ち明けられましたが、その後、立派に沢山の仕事をこなして活躍なさってる事がお分かり頂けると思います。

 

 

支払えなくなってる債務に日々不安に思うよりも、債務整理の費用を準備して手続きを開始したら、これからの人生が良くなる様に、借金をクリアにして、ほのぼのとした毎日をご家族と過ごせる環境づくりをする為の債務者の私達を守ってくれる法律でもあります。

 

 

まだまだこれからの人生を、毎日しっかり生きていける様に、借金に追われて手元にお金が残らない生活ではなく、基礎的な収入源をもう一度確保する為のあなたが生きていく為の大事な具体的方法になります。

 

 

借金と債務整理

 

債務整理の費用は、弁護士事務所、司法書士事務所によって差があります。

 

 

債務整理の費用は、法テラスに行くとどうなるのか

法テラス(日本司法支援センター)を利用するというのもありますが、法テラスは、日本司法書士会連合会と連携してる、借金問題だけに限らず著作権にかかわる事から事件、事故、訴訟問題全般まで、幅広い範囲の様々な悩みを法律相談をする窓口で、全国各地に運営支部を持つ法テラスに参加してる弁護士さんや司法書士さんを、最終的に紹介して案内し、法律のアドバイス支援を図る為に用意されたところです。

 

 

東京(新宿)、横浜、大阪、神戸、名古屋、福岡等の比較的都心に限らず、千葉、茨城、岡山、仙台、広島、兵庫県(川西市)等、地方迄大体どこの地域でも相談窓口の支部がある、法律に関しての相談サービス窓口ですが、費用無料で全部、相談に乗って解決して貰う事はできません。

 

 

実費で費用をお支払いするか、民事法律扶助を利用する必要があります。

 

 

債務整理をしようと考えた時、個人再生、民事再生、特定調停、任意整理、自己破産等あらゆる選択肢の手段を配慮して、実際に法テラスに所属してる弁護士さんや、司法書士さん等を紹介して貰える、サポートをしてくれるところです。

 

 

法テラスを使っても実際、弁護士事務所等に相談に出向く必要がある事、そして、着手して頂く際には、もちろん弁護士さんや司法書士さんの着手金を含めた、債務整理の費用の負担が必要になります。

 

 

今非常に申請者が多い債務の整理での借金解決、知恵袋でも多数

昔は債務整理とか自己破産とかいうと、この世の終わり、もう人生終わった的なイメージがありましたが、今は時代が変わり、珍しい事ではなくなってきました。

 

 

テレビやラジオ、雑誌記事や新聞等あらゆる媒体でもCMをしてる事もあって、債務整理の費用を用意し、手続きをする申請者の方は大幅に増加しています。

 

 

知恵袋での相談をご紹介すると、250万円位の借金があって、仕事が無くなってしまって毎月10万円ちかい借金の返済があり、車はできるだけ手放したくないけど、債務整理はできますか?という質問だったり、任意整理を夫婦で行いたいけど、認めて貰えるだろうか?とか、1社だけカードを使う事を継続したいがそんな事は出来るのかとか、任意整理をすると銀行が凍結するのか等、いろんな事を色々悩まれています。

 

 

基本的には、大抵の割合で、不安に思っていらっしゃる事は、全然そんなに不安な事じゃないという質問が多いのですが、おそらく弁護士さんに相談するには、相談費用がかかるのでは?と悩んでいらっしゃるからだと思います。

 

 

そういう時はこのサイトの上部に掲載しています、街角法律相談所を使うと、手続き費用を含め、匿名で質問、相談する事ができます。

 

 

もっとリアルに弁護士さん等の意見をまずは無料で聞く事ができますので、債務整理の費用のあなたの場合の業界相場を知る為にも、活用なさった方が断然賢いです。

 

 

匿名でできるという部分で、まずはプライバシーが守られますし、多くの方に質問が公開される事なく、個別であなたと弁護士さんしかみれないページが生成されますから、借り入れ先や今の状況等、総額の費用を含め、より踏み込んで質問できるケースが多いです。

 

 

また債務整理の費用も具体的にあなたの場合は、費用が幾らかかりますという事も詳しく教えて貰えます。

 

 

任意整理の費用を用意してお願いしても、できないケースというのはどういう場合?

債務整理の中には、破産、個人再生、特定調停、民事再生、任意整理といういくつかの種類があるのですが、任意整理といって、裁判所等を通さずに、任意で各業者さんと直接話をして今後の返済を交渉し、相談していく方法があります。

 

 

もちろんあなた自身が直接交渉を試みてもほぼ、門前払いを受けるケースがほとんどですが、弁護士さん等法律の専門家に費用を支払い依頼すると話はしっかりまとまるケースがほとんどです。

 

 

しかし、まれに債務整理の費用を用意できても、任意整理できないケースというのがあります。

 

 

どういう場合に任意整理ができないのかと言うと、最大で5年で完済できないと、いくら費用を用意できても任意整理に応じて貰えないです。

 

 

あと、今無職という場合も、腕利きの弁護士さんに費用をお支払いして頼んだとしても、なかなか相談に応じて貰えないです。

 

 

何故かというと、今現在の支払いの見込みがないのに、今後借金をちゃんと支払って行きますと、相手方と約束しようとしても、今現在仕事がないのに、まず目先の支払いができないのではないか?という事になってしまう訳です。

 

 

ですので、原則バイトでもいいので、働けばちゃんと収入が入ります、返済の為の費用は捻出できますという、長い目で見て支払いがきちんとできる状況を作っておく必要があります。

 

 

そして、借り入れをしたばかりで1回も返済した事が無い場合も、債務整理の費用が用意できたとしても、任意整理を受けて貰えないです。

 

 

お互い1対1の話し合いなのですから、借り入れをしたばかりで返済すらした事が無いのに、借金の返済が辛いですなんて、お金を貸してくれた業者さん側からすれば、それで借金の返済がチャラにできてしまうなら、理不尽でしょうという話になってしまいます。

 

 

最初から、詐欺契約をして騙すつもりだったのでは?と思われても仕方無い位悪意に満ちていますので、一度も返済の実績がないというのは、まず任意整理の交渉がその業者さんとは、すごく難しいと思った方が良いです。

 

 

ただ何度か支払ってると話は別です。

 

 

何度か借金の返済を行ってると、費用を弁護士さんにお支払いして依頼すると、交渉に入って貰う事ができます。

 

 

こういう状況では、債務の相談ができないかもと思われる場合も、まずは1人で判断せずに、弁護士さんに相談するのが一番良いです。

 

 

弁護士さんは毎日、沢山の相談に応じ、対応していらっしゃいますから、さまざまなケースの場合の相談者さんの状況を把握していらっしゃいます。

 

 

あなたが債務整理の費用に悩む事なく手続きができるように、あらゆる解決の方法を全て知っていらっしゃいますから、問題解決できない場合は、どうやったらその問題が解決するのかも含め、相談してみるのが一番良いです。

 

 

債務整理 費用は、弁護士さんと司法書士さんどちらが安いの?

債務整理をする際の費用は、弁護士と司法書士で、どっちが費用が安くつくのかお知りになりたい事だと思います。

 

 

基本的に現在、この債務整理に関しては業界では、一定の相場というものはありますが、今のところ債務整理の費用は自由に設定して決めていいという事になっていて、上限等はありませんので、可能であれば安くて債務整理が上手な弁護士さんを見つけてお願いするのがベストです。

 

 

その為、まずは弁護士さんと司法書士さん、何がどう違うのか、詳細等を少し理解する必要があります。

 

 

弁護士さんと司法書士さんの違いは、まず弁護士さんは裁判になってしまう、なってしまいそうな事件や事故に対して、あなた本人に変わって、時には代理人となり弁護してくれて、相手と交渉をしてくれる、法律を豊富に、数多く知り尽くしたあなたの味方です。

 

 

そして弁護士さんは、あなたが居なくても裁判所で、あなたに代行して債務の手続きをしたり、裁判に代理人として出廷したりする事ができます。

 

 

それに対して司法書士さんは、あなたの代わりに債務に関しての委任を受けて、裁判に出て貰ったりする事が出来ません。代理人になる事が出来ないのです。

 

 

これが手続きを依頼した時にどう影響して来るのかと言うと、任意整理以外の債務整理で任意整理以外を選んだ場合は、裁判の全てをあなたが準備し出廷し、発言しなければいけないので、非常に時間もかかりますし、非常に大変で、裁判時に不利な発言をしてしまう事が多いにあります。

 

 

また参考の程に記載しておくと、司法書士さんの場合140万円を超える借金を、債務整理で処理して貰う場合、取り扱う事が出来ない裁判事例が出ています。

 

 

つまり手続き費用をお支払いしたとしても、司法書士さんの場合だと、140万円の上限を超える債務の借金トラブルを受任して請負う事が出来ないのです。

 

 

今、街角の看板広告や、テレビ・ラジオのCM、雑誌等の広告掲載で、過払い金請求等のCM等宣伝も良く行われていますが、債務の過払い請求や任意整理で140万円以内の負債に関しては司法書士さんでも良いかもしれません。

 

 

ですが債務総額が140万円以下でも裁判所を通す個人再生や特定調停、破産になる場合、またあなたの負債が140万円以上の場合等は、債務整理の費用と、あなたにかかってくる手間を考えると、弁護士さんに依頼するのが、確実で安全で安心できて、スピードも速くベストな選択ですし、個人再生となると弁護士さんに依頼せずに自分で書類を提出したり、司法書士さんに頼んだりすると、個人再生委員が付けられてしまう可能性がかなり高くなります。

 

 

再生委員が付いた場合の費用は、厳密にきっちり幾らと固定で決まってる訳ではありませんが、大体15万円から30万円前後の費用が必要になって来ます。

 

 

具体的には、裁判所に消費者金融によるキャッシング等のクレジットカードや、銀行借り入れや、さまざまなローン、そして法外な金利からの借り入れ等をいったん全部支払いをストップして、債務の契約をした直後から債権を集計し借り入れ金額を全額計算し、利息制限法に基づき、今まで支払った金額も遡って計算され、この金額で完済迄、今後は支払っていきます、もしくは破産させて下さいという話しを付ける事です。

 

 

また債務を返済する必要のないところへの返済も、この段階でストップします。

 

 

あなた自身一人で、任意で手続きをする事もできなくはないのですが、ネット検索で調べた知識程度では、手続きが非常に難しく、普段仕事をしてるサラリーマンや自営業者さんが独自に1つづつの業者さんと債務の返済を交渉して、沢山の法人相手に、和解が成立できるものでは無いです。

 

 

また任意整理を考えられているとき、アナタ自身、延滞してしまっていて、かなりの返済の催促が手紙や電話で来てるタイミングの中で、『任意整理をしようと思う。』なんて借り入れ先にあなたが話をしても、相手にしてもらえないどころか、業者さんも早く回収しないとマズイと考え、柔軟な話し合い等はできず、追い打ちをかける様に、債務の取り立て請求が激しくなります。

 

 

しかも、激しい取り立てをされてる間も、債務の元金に対して、利息は発生し続けているのです。

 

 

なんとか取り立てをかわしている状態だとしても、相手はお金を貸してくれる以上、取り立てもプロですから、元金も利息も入って来ないとなると、いつまでも返済しなくてもなんとかなるなんて事は絶対にありません。

 

 

債務の取り立てに迫られる事によって会社にバレたり、家族や身内にバレたりする最低最悪な状態は何としてでも食い止めなくてはなりません。

 

 

自分だけならともかく、家族(ご主人や奥さん、子供さん)、そして、兄弟、親戚、会社の勤め先迄迷惑が掛かってしまったりするケースも多いですし、まず何でそれらの借金をしてるのかと問い詰められる事になるでしょう。

 

 

会社の給料や、自営業であればお店の差し押さえ等が来てしまって、人生の計画が大幅に狂い、全てを棒に振ってしまって、どうにもこうにもならなくなるケースは本当に沢山あります。

 

 

中には、多重債務が原因で家族が崩壊したり、仕事をクビになってしまったりする方も多く、離婚等のレベルに普通に発展します。

 

 

そうならない様に回避する為、法律の専門家で事務所を構える弁護士さんや司法書士さんに手続き費用をお支払いしてお願いし、債権の整理に一刻も早く着手して貰う方が精神的にも、経済的にも楽です。

 

 

債務整理の費用を支払って着手して貰った時のメリット

弁護士さんや司法書士さんに債務整理の費用を支払ってお願いする事で、貸金業を主とする債権者さんは、本人や関係者に一切の取り立てを禁じられます。

 

 

弁護士さんに着手して貰うと手続き開始後、これかまであなたがその債務の対応に追われていた電話や手紙の催促も、スグにすべての督促の連絡が通常は止まり、保護されます。

 

 

それでも止まらず無理に債務を取り立てる業者さんがいるなら、取り立ての法律に反しますから、通報すると良いです。

 

 

ほとんどの業者さんは、たったあなたの1件の為に通報されてしまって、営業停止等になりたくないので、取り立てが一気にストップする訳です。

 

 

この弁護士さんや司法書士さん等の法律に詳しい専門家に依頼して、受任通知を出していただく事で、通常はその日から複数の債務の取り立てがビタッと止まるという、大きなメリットが手続きをする事によっていただけるのも1つの特徴です。

 

 

取り立てが会社に迄来てしまって、会社をクビになったり、家に取り立てが来てしまって、奥さんや旦那さんにバレて大変な事になったりしない様にする為に、もう返せないなと感じ始めた時点で、債務に関して、早めに相談する事が大切です。

 

 

債務整理をするメリットは他にも沢山あります。

 

 

お金を借りる時は、出資法という法律に基づいて法律の範囲内でお金を借りる事になるのですが、どのお店も高めの%で利息を計算しています。

 

 

その金利を弁護士さんに着手して貰うと、まず債務を法廷金利で引き直しをして貰う事ができます。

 

 

これは過去に支払った金額を元に出資法で定められた範囲での金利ではなく、利息制限法で定められた低めの金額で支払うと一体今幾らになっているのか?を全く最初の取引の時から全部さかのぼって計算するのです。

 

 

もちろん、途中で1度完済してまた借りたとか、2度、3度と途中で完済してるけどまた再融資を受けた等の過去の取引分の支払いも含まれ、前の取引から計算されます。

 

 

当然低い金利で引き直して計算しなおすと、金利分が少なくなって元金に充当されていく訳ですから、債務の残高はどんどん減って行きます。

 

 

元金が大幅に減るというのが1つのメリットです。

 

 

債務整理の費用を支払い手続きをするとその後

弁護士さんに債務整理の費用を支払って着手して貰うメリットの2つ目に、債務の月々の支払金額が少なくなるというメリットがあります。

 

 

法定金利に引き直し元金が少なくなった借金を、今までの月々の支払金額ではなく、借金の返済額が多いからもっと月々の支払いを安くして欲しいという交渉ができます。

 

 

破産を選ぶ場合は、免責が下りれば支払う必要が無いです。

 

 

この時の弁護士さんに支払う費用は着手金を含め、借金の金額、件数等の状況によっても違いますが、個人の場合は大体30万円から60万円が相場です。

 

 

破産を選ばなかった場合、分割で支払っていく事になります。

 

 

その際は弁護士さんが借入先と、利息をカットし、月々の支払金額を無理なく支払える様に、交渉してくれます。

 

 

大体債務を5年位を目途に完済できるように計算をする場合が多いのですが、今まで利息を含め、例えば1万円とか1万5千円とか支払ってた金額が、結果的に1万円以下、場合によっては5000円前後で支払えたりするケースも多々ありますから、毎月の支払い金額が大幅に減るというのは返済をする側にとっては大きなメリットです。

 

 

任意整理を選択した場合のメリット

任意整理を選択した場合、メリットとしては、月々の支払金額が少なくなり、債務の返済に悩まされる事が無くなってきます。

 

 

ただし条件があって、もちろん個人でこうしょうしようとしてもほぼ話にならないです。

 

 

弁護士さんに交渉してもらうのが普通なのですが、例えば仮に100万円の借り入れがあったとしたら、その借り入れの残債を向こう5年間の間に支払う見込みがある場合しか一般的に業者さんに交渉に応じて貰う事が出来ません。

 

 

やはり返済額が大ききと、返済と絶対に必要な生活費等や借金以外の支払いとのバランスが崩れ、常に金欠で苦しい状況が続来ますが、任意整理をすれば支払い金額が少なくなる為、今までよりも大幅に毎日の生活レベルがアップしますし、返済が苦しいというストレスから解放されます。

 

 

また任意整理で完済した債権や支払ってる債権で過払い金を請求する場合もあると思います。

 

 

その時にかかる費用は着手金+過払い金で返還された総額の20%前後を報酬としてお支払いする場合がほとんどです。

 

 

場合によっては着手金はナシの完全成功報酬等のケースもありますが、その際は着手金が無かった分、返還金の中から通常よりも少し高めの費用を一括で差し引かれる場合もあります。

 

 

債務整理の費用を支払って任意整理をした時のメリット2

それからもう一つの大きなメリットは、借入状況を登録してる情報機関が債務の状況等をデータとして保管していますが、このデータが破産や調停、個人再生等を選ぶと10年間記録され残されます。

 

 

これがよく言うブラックリストとなるのですが、この保存の期間が裁判所を通す訳ではないという事ではなく、任意整理の場合は5年と決まっています。

 

 

つまり、弁護士さん等が介入した時、通常10年間のブラックリストとなるのですが、その期間が任意整理の場合に限り5年(半分)で済むというのが大きなメリットです。

 

 

債務整理の費用を支払って任意整理をした時のメリット3

更にもう一つのメリットは、通常裁判所を通して債務整理をする場合、自己破産、個人再生、特定調停等を選ぶと官報にその手続きが開始された時、そして、免責が下りる時等に掲載されます。

 

 

この情報が任意整理の場合は、裁判所を通して交渉をしてる訳ではありませんので、官報に載る事もありません。

 

 

これももう一つの大きなメリットになります。

 

債務整理 費用をお支払いするとどうなる?

債務整理の費用を弁護士さん等に着手金の料金を支払うと、流れとしては、あなたの相談を受託した事が、電話や郵送で相手の貸金業の支店等に通知されます。

 

 

着手金は全く不要というところもたまにありますが、すごく安い所だと2万円、大体の相場は4万円前後です。

 

 

ただ着手金が無い、もしくはすごく安いという場合は、成功報酬を高く設定してあったりします。

 

 

その後、債務の借入金額を把握する為、一番最初の初期の時期の返済から受領した利息を含め、法廷金利に引き直すので、取引を全て洗いざらい計算し直して欲しいと通知が送られます。

 

 

途中で完済してまた再融資を受ける事もあるので、その借入先から取引した期間全ての金利を法廷金利に引き直した、支払い状況の確認が行われます。

 

 

その際、利息制限法を適用して計算しが確定すると、利息に充当されていた分が元金に入り、大幅に減額されたり、差額を計算し治すと、とっくに払い終わっていて、本当は支払いがとっくに完了し終了してて、払い過ぎてる事例が多いのが、この法定金利に引き直してもらう時の特徴です。

 

 

この利息制限法に基づいて金利を引き直して再計算して貰えるもの、弁護士さん等に着手して貰わないと基本的にはお願いする事ができませんので、この段階でも、法律家に着手して貰う事に多いに意味があります。

 

 

ほとんどの場合は、この段階で支払った着手金の費用の元を取り、時には倍返しでお金が戻って来る事になります。

 

 

アコムやアイフル、レイク、セゾン等を始めとした金融機関にとっては、この債務整理時の金利引き直しにより、過払い金返還請求が来る事は、かなり痛手なのです。

 

 

過払いが発覚した場合は、支払いの義務はなく、逆に払い過ぎた分を請求できてしまうので、以前迄全国展開してたあの超大手、yenショップ武富士等は、本店を含め全店舗が、この過払い請求が大量に来てしまって倒産したともいわれています。

 

 

ですが、法律は割と、弱い立場の人が不利にならないような方針で作られているので、返金して貰える過払金がある場合は、返金を誰でも請求したいものです。

 

 

また実際、弁護士さんがこの返金請求を始めると、裁判を起こす事も考えられるので、裁判となると弁護士さん等を立てる事になり、また更に会社的にマイナスの費用の出費になってしまうので、なんとか特別に話し合う事によって和解で解決したいという指針の貸金業者さんが多いです。

 

 

弁護士さんに依頼すると、これも債務整理 費用を安くできるポイントでもあります。

 

 

この今まで支払った債務の返金請求額が大幅にかえって来そうな見込みがある場合は、その返金請求額を債務整理の費用から相殺して貰う事で、あなたが支払う債務整理の費用の料金が、総合的に安くなったりしますので、後払いで相殺した分おつりがあれば、弁護士さんの方からあなたが貰えるのか等、相談してみられる事をお勧めします。

 

債務整理をするデメリットは?

債務整理 費用を支払い、手続きを終えとデメリットが何かあるんじゃないかと思われると思うのですが、実際、債務整理をすると、10年間程、借金をしにくくなる事位です。

 

 

よく巷でいうところのブラックリストというものは実際には無いのですが、あなたの負債を登録してるCIC等を始めとした情報センターに登録されます。

 

 

この情報センターは、日本中の利用者の借り入れ時からの債務の返済状況を細かく集計、記録してる業務を行ってるところで、住所や名前、電話番号、生年月日、職場、借入件数、借入金額の総額表示、延滞状況等が全て登録され管理されています。

 

 

そして、この債務の情報をその情報センターの会員になってる貸金業者さんやリース会社関連を始め、ショッピングやキャッシング等を通じて、お金を貸す、建て替える・代払いをする業務をしてるところが、申し込みがあれば、アクセスして支払い状況一覧を見て、融資ができるのかできないのか、きちんと支払ってくれる人なのか、支払いに関して信頼できる人なのかを見て取引をするかどうか、融資額を増減するかしないか等、お客様の申し込みデータを元に、審査・判断して決めてる訳です。

 

 

債務整理をした場合、この情報機関に債務整理をした事が、追加登録されます。

 

 

情報センターも詳しく言えば数件日本にはあるのですが、どの情報センターも大体、任意整理は5年、それ以外は大体10年間その状況を記録してると思って頂ければ良いです。

 

 

またよくある質問で、インターネット掲示板や、メール問い合わせの記録が公開されてるブログやサイトに、ブラックリストになると、戸籍にブラックリストの記載が残り、色々今後不利になるのではと心配する方がいらっしゃるのですが、信用情報機関に登録され、また官報に裁判をした事が掲載され、10年間程借入れしづらくなるだけで、特に大きな罰則や制限は存在しません。

 

 

またご自身でどの様に記録されてるか見たい場合や、情報センターが遠方過ぎて行けないエリアにお住まいの場合は、のフリーダイヤルに事前に電話をして、予約をしデータの見方の解説や、丁寧な説明を受けながら、分からない事は質問したりするとほとんどの事は、明確に教えてくださるの事で不明点は解決します。また、郵便やインターネットでも回答してくれます。

 

 

本人であればこの個人情報は、費用が少しかかりますが開示してくれますので、自分の信用情報がどうなってるか気になって仕方がないという場合は問い合わせをして自分の信用情報を確認するのもいかがかと思います。

 

 

ただ、自己破産等を選択された際、大きなお金を扱う業務、保険業、警備員さん、士業等の場合は一度仕事を辞める必要があります。

 

 

それ以外の仕事の場合は、経済的な制裁もほとんどなく、ほとんどの場合は自己破産の場合、借金が免除となります。

 

 

住宅ローンやカードローン等の借り入れが難しくなりる事がありますが、住宅をローンで生涯30年も40年も数千万円を背負って生きて行くより、賃貸住宅や賃貸マンションに住んでる方が冷静に考えると安いですし、お金の借り入れができなくても、今お金が無いから借り入れをしないといけないのであって、借金が片付いたら、借りる必要も無いので、特に困る事はほぼ無いという方がほとんどです。

 

 

また5年が経過すると、債務整理をしたという情報機関のデータは消えますから、気にする程の事でもないです。

 

 

そういった債務に関しての手続きや、返金依頼の対応に弁護士さんや司法書士さんに費用を支払って和解の相談に入ってもらって、滞納してても、基本過払い金を返還して貰ったりする事ができますので、借金の返済がキツイと感じる場合なんかは、この制度を利用した方が良いです。

債務整理の費用平均相場は、いくら位かかるの?

債務整理の費用っていくら位かかるのか相場を知りたいと、弁護士さんを探す時まずは思われますよね。

 

 

この債務整理 費用平均が幾ら位なのか分かってないと弁護士さんを探すにしても、着手する為の費用や総合的な費用が幾らなのか、定時された金額が高いか安いか、基準が分からないからです。

 

 

債務整理する為のお金の準備も必要ですから、大体の債務整理の費用の平均(着手金を含む金額)位は分かっておきたいものです。

 

 

この債務整理 費用ですが、基本的に弁護士さんに依頼しても司法書士さんに依頼してもほとんど費用は変わりません。

 

 

上記でもお伝えしましたが、司法書士さんに依頼すると裁判所に行ったり、手続きしたりするのは結局自分でやらなければいけなかったりしますので、140万円以上の債務に関しては司法書士さんでは取り扱えない事等を考えると、弁護士さんに依頼するのが安心ですし、手間もかかりません。

 

 

この弁護士さんの費用ですが、基本的に、着手金と債務1件あたり○○円という価格で決まってる事が多いです。

 

 

着手金に関しては、3万円だったり5万円だったり様々ですが、着手金が安い場合は、1件当たりの費用を少し高めに設定してあるところが多く、着手金が高い場合は、1件当たりの費用を安く設定してあるところが多いです。

 

 

もう一つは、債務整理と言っても、個人再生だったり、特定調停だったり、自己破産だったり、任意整理だったり、この種類が違うので、それぞれの裁判にかかる手間や書類作成時の印紙代や切手代の内訳、借入れ件数等、債務の内容によっても少し変わって来ます。

 

 

また財産があったりする場合も、依頼した弁護士さんに支払う費用ではなく、管財人に支払う費用がありますので、少し高くなりますが、大抵は財産があったとしても少額管財事件として取り扱われる事が多いですので、大体20万円位が弁護士費用に上乗せされます。

 

 

ただ、実際には自己破産をする時に財産がある位なら、とっくにその財産を現金化してしはらってらっしゃる場合が多いので、破産する方名義の家だとか、車の名義が自己破産する方のものになってて、売れる見込みのある車だったり、貯金が沢山あったりしない限り、管財事件にはなりにくいので、ほとんどの場合は、この管財費に関しては必要ないケースが多いと思います。

 

 

実際弁護士さんの費用は借入れ件数にもよりますが、個人の場合で財産も無い場合、5〜6件、金額にして300万〜400万円前後で30〜35万円前後ですので、それを軸に大体どの位の費用が掛かるのか、考えて頂ければ、平均的な不明瞭ではない価格が、検討できるかと思います。

 

 

任意整理の手続き費用等をトータルで比較する場合

任意整理の手続き費用をトータルで比較する場合、他人の費用と自分の費用を比べても比較の対象にならないです。

 

理由は他人の借金の残債や借入先、今の状況等が少しずつ違うからです。

 

 

ではどうすればいいのかと言うと、あなた自身の借り入れの状況を詳しくお話して、A弁護士、B弁護士、C弁護士といくつも総額いくらあれば手続気出来るのかを聞く事です。

 

 

これが任意整理の費用の比較方法です。

 

 

この比較方法を使う事で、はっきりとどこの法律事務所に依頼するのが圧倒的に安いのかというのがはっきり分かります。

 

 

ただ、地元で弁護士事務所をはしごして相談に回るのは、すごく大変ですし、時間もかかります。

 

 

また、弁護士事務所のビルに出入りしてるところを家族や同僚、知人、友人に見られてしまう事も多いに考えられます。

 

 

そういう事もあり、一番良いのはネット経由で相談する事です。ネットで債務整理を請け負う法律事務所は基本的に法律事務所に伺うという事をしなくてもメールで受け付けてくれて手続きをしてくれて最終的な処理迄完結します。

 

 

ですので、債務整理をする場合はネットで申請をするというのが一番効率が良いです。

 

 

また、1件1件相談していくのも非常に時間がかかりますから、このサイトの上部か下部にある街角法律相談所のシュミレーションを使うと、匿名で無料で複数の弁護士さん方々に一回の送信で相談し料金の比較をする事ができます。

 

 

今、借金匿名無料相談を使って、債務整理の費用の問い合わせをする方がものすごく多いですので、まずは相談なさって、具体的な手続き費用を提示して貰って、あなたがイッキに比較するのが一番安く、手間をかけずに検討する事ができます。

債務整理の費用が今、持ち合わせ無くて払えない・・・と諦めるのは人生もったいない

諦めない

 

弁護士さんにあなたの借金の返済を依頼したい。

 

 

だけど債務整理の費用がとても用意できない。

 

 

そう思われるのは、あなただけではありません。

 

 

借金を解決したいと思う時というのは、誰でもやはりほぼ99%の人が、窮地に立たされているという特集を、雑誌の特集等でも、よく見かけます。

 

 

でも、借金が返済できない窮地に立たされ、自分自身や家族へ苦しい生活を余儀なく送らなければいけないという状態を、ずっと続ける訳には行きません。

 

 

特に借金の返済がとても苦しいのに、利息だけしか払えない状態、利息すら払えない状況でそのまま放置してる、または放置はしてないが、督促される度に守れない返済の約束をして返済しない。

 

 

これを何度も繰り返す。

 

 

この状態、実は一番マズイ状態で、一番良くないんです。

 

 

というのも、延滞をしてるという事が情報機関に記録され、この延滞をしてるという状態で、10年経っても、20年経っても、30年経っても記録が残り続けるのです。

 

 

これが一番ダメなパターンで、この延滞をしてるという記録が残り続ける事で、当然カードも今後一生作れませんし、銀行借入なんて絶対無理です。

 

 

また住宅リフォームや車やバイク等分割払いというものがほぼほとんどできなくなります。

 

 

また、TVショッピング等で、金利手数料無料、自社ローンで分割決済できますなんて言ってるところでも、ほぼほとんどのところが割賦する為に審査を情報機関に問い合わせてるところが多く、延滞をしてるままの状態となると、どこに申し込んでも超高確率で断られてしまいます。

 

 

これはもはや人生のハンディを大幅に背負ってるようなもので、何をするのにも絶対に現金が必要になって来ますので、沢山のチャンスや機会を失う事になります。

 

 

これがあなただけの状態でも最悪なのですが、例えば、奥さんやご主人さん、子供さんが暑過ぎて、体調が悪くなってるのに持ち合わせのまとまった現金が無くて、クーラーをなかなか買う事が出来ないとか、子供さんに塾に行かせてやりたいけど、入学金にそこそこまとまった金額が必要で、分割決済もあるけどローンが組めないという状況に陥ってしまって、家族にも苦しい生活をさせてしまう状況になってしまうのです。

 

 

これは完全に、ずっと続く人生の足かせになってしまいます。

 

 

どう考えても、そんな人生は自分だけでも嫌なのに、家族までも負担をかける事になるのはやるせないですよね。

 

 

だからこそ、借金の返済を延滞する事は非常に良くないので、必ず解決すべきなんです。

 

 

日本は借金の返済に困った方には、どこまでも借金を背負い続けて行かなければいけない様な事が無い様に、返済に困ってしまったらちゃんと解決できるように、あなたの為に法律が制定されています。

 

 

債務整理をすれば、誰でも返済できる金額まで減らして、返済を続けていくか、もしくは破産して借金を完済、もしくは無くす事ができますし、仮に破産をしたとしても、破産をしたという信用情報機関のデータは最大10年で消滅します。

 

 

要するに、最大10年経ってしまえば、多くの方と同じ様に住宅ローンが組めるようになったり、何かお仕事をする際に借入ができたり、ちゃんと平等なスタートラインにまた立つ事ができます。

 

 

延滞を引き連れば引きずる程、このあなたの完全再起の10年後がどんどん遠くなってしまうのです。

 

 

分かっていても、債務整理の費用を捻出できない

借金を払えない状況を長く作るのが良くない事は重々分かった。

 

 

だけど債務整理の相談をしたくても、仕事に行く交通費すら勤め先が交通費を支給してくれても建て替えるお金が無くて苦しいのに、債務整理の費用を捻出できなくてなかなか相談できないと思われるなら、その心配は無用です。

 

 

腕の良い弁護士さんは、沢山の債務に苦しんでる方々の相談を受けて状況を分かっておられて、そういった弁護士さんは事務所に起こし頂かなくてもインターネットで、無料で初回相談を受け付けますという環境を作っていらっしゃる場合があります。

 

 

しかもそういう状況を踏まえた上での話ですから、一律で定められてる債務整理の費用も、分割決済で良いですと扶助して下さる先生がいます。

 

 

そういった法律事務所の代表の方々に相談すると、すんなり着手までスムーズに行く事がほとんどで、書面で弁護士事務所との条項や規定を交わし、すぐに着手して頂けます。

 

 

弁護士さんへの月々の支払いも、着手金がいくら、月々いくらという形で定額で、あなたの今の給料から十分返済できる金額でのお支払いプランを示す法律事務所がほとんどですので、債務整理の費用が捻出できなくて諦めている状況は、少し相談すれば解決できるのに、あなたやあなたのご家族の人生を、何十年という間、もしくは最後迄台無しにしてしまう事になるのです。

 

 

そんな一生なんて、あなたは絶対に、望んでいらっしゃらないと思いますし、人生もったいないですよね。

 

 

だからこそ、ネットでスグに無料相談をして、色々話を聞いて一刻も早く解決した方が良いのです。

債務整理(破産・個人再生・特定調停・任意整理)手続き費用は、成功報酬型や分割払い等支払いアリ

費用は弁護士さんや司法書士さん、各事務所によって若干異なりますが、弁護士さんや司法書士さんも、あなたの現状が厳しい事は重々分かっていますから、費用の分割払いに対応してくれたり、過払い金の払い戻しが期待できる場合は、中からその費用を差し引いてくれたりするケースもあります。

 

 

おすすめは、債務整理の費用が無くて悩んでいるという事でしたら、費用の心配をするより先に相談してみて、支払いの方法等を相談してみるのが先決です。

 

 

報酬が成功報酬型の弁護士さんや司法書士さんも沢山居て、実費無しや着手金がわずかでも依頼できるケースが多いです。

 

 

大事なのは、借金の支払いが苦しくなりすぎて、なんとかしないといけなくて、お金を必死で払って行くより、この任意整理の制度を使って、今のあなたの借金の問題を解決していく事がとても大事です。

 

 

借金を抱え込んで返済に困る事は、心の負担的にも良くないですし、体の負担的にも食事等が十分に取れなかったり色んな事が良くありません。生活にものすごく大きな支障が出てしまいます。

 

 

あなた個人の借り入れが大きく膨らむ前に、借金の金額が大きく膨れ上がる前に、専門の弁護士さんや司法書士さんといった専門家に頼んで問題を解決して行って下さい。

 

 

弁護士さんや司法書士さんに債務整理の費用を安い金額にして貰う方法

弁護士さんや司法書士さんは基本、相談を依頼する際、時間を割いて貰うだけで基本お金がかかります。

 

 

債務整理の費用を安い金額にして貰う方法は、

 

『債務の相談なら、無料で伺いますよ。』

 

という状態で相談に応じて下さる弁護士さんや司法書士さん、もしくは、○曜日は借入金の返済に関しての相談を無料で行いますというスタンスの、債務整理を沢山扱っている、実績ある先生を探すと良いです。

 

 

返済が大変でお金がない状態の時に相談をしたい訳ですから、まだ依頼するかどうか分からないのに、30分、1時間相談しただけで、費用が5000円、1万円と費用が掛かるのは大きな負担です。

 

 

ですので、弁護士さんや司法書士さんを探す時は、相談無料の先生を探して、まずは借金の状況や費用を含め無料で初めの相談ができる方を探すのが得策です。

 

 

債務整理の費用の平均ですが、この債務整理の費用自体が、基本的に、簡易裁判所を通して、個人再生するのか、特定調停するのか、自己破産するのか、または弁護士さんに入ってもらって、裁判所を使わず任意整理するのか、すでに支払い済みの債務の過払い請求(消滅時効は110年)をするのかによって、支払い費用の相場というのは変わって来ます。

 

 

そして、その債務が何件あるのか?によっても支払う金額が変わり、また、債務整理を申請する方や連帯保証人に、資産となる不動産や株、車、等を始めとした財産があるのか?によっても展開が変わって来ます。

 

 

もし財産がある場合や身内等から財産を相続してる場合も、その財産が幾ら位あるのかも注意して調査されますし、財産を隠したりしてないかもチェックされますから、

 

 

また財産を競売にかけてスムーズに現金に変えれるように、破産の場合は管財人が付き、管財費用が別途かかります。

 

 

その費用は手続きをされる場合、あなたが負担する事になります。

 

 

また東京の裁判所か、地方裁判所かによっても任意整理以外の場合は金額が少し変わります。

 

 

そして、弁護士さんに依頼した場合は、特に財産が無いなら、破産の場合、破産の申請を済ませると同時に、同時廃止ができ、免責決定の許可を受ける事ができます。

 

 

財産があって管財事件となった場合は財産を債権者で平等になる様にわけ、調整してくれる為に関わるのが管財人(破産管財人)です。

 

 

その為このような財産がある場合は破産の手続きが競売の手続き等で長引き、相談をし始めてから全てが解決する迄、最長12カ月位かかる場合もあります。

 

 

会社経営等の事案をなさってる場合、管財事件となる事が多く、管財人が必要になる場合は、予納金が関係してきますので、そこでも金額が変わって来ます。

 

 

個人の場合が圧倒的に多いと思いますので、その場合でお伝えしますと、一緒に暮らしてる家族や知人に保証人になってもらっているのか、いないのか等によっても費用は変わってしまいますので、一概に幾らとは言いにくいのですが、一般的には、財産が何もない場合で、借入金額が5件位、借入金額が300万〜400万円位の時で、おおよそ、30万円前後〜50万円前後と思って頂いてると良いです。

 

 

ただ大体の債務整理は費用の平均があるため、むやみやたらと高い、というのはまず滅多にありません。

 

 

またこの債務整理の費用費用は一度に全額支払わなければいけないのかと言うと、そうでもなく、もちろんはじめに正式に受付をして貰う時に、着手金の数万円はスグに必要になる事が多いです。

 

 

でも大抵の場合は以降、残りの着手金を除く費用については、月々の分割支払いであったり、過払い請求の場合は返還金の中から相殺される事がほとんどですので、費用が今すぐ全額用意できないという心配は特に要りません。

 

 

債務整理の費用の一部、着手金は、5万円前後の費用は必要になる場合がほとんどですが、今まで返済日迄に支払わなければいけなかった金額の事を考えると、わずかな費用で債務整理の費用が賄える訳ですから、ほとんどの方が、依頼して毎月の支払いが軽減される方がほとんどです。

 

 

あなたの場合、今の借り入れ状況でお幾ら位費用が掛かるのか、シュミレーションする事もできます。

 

 

以下の街角法律相談所は、あなたにあった債務整理の方法を比較する事ができ、申立をする際、書類作成時の印紙代や切手代も全部含め、税込み費用が幾らかかって、幾らくらいの負担があるのか、合計幾ら位いるのか、債務整理の種類はどれを選ぶのがベストなのか迄、債務整理の費用を含む、手続きにまつわる様々な事を、ネットで法律の専門家に診断する事が可能です。

 

 

街角法律相談所のシュミレーターは4つのステップで的確に、お住まい地域や、支払い件数によって、手数料含め無料で費用を見積もりできるおすすめアプリです。

 

 

診断後IDとPASSが付与され、個別ページが作成されます。あなたの借金問題を解決できる適任の事務所を選択して相談していく事が可能です。

 

 

債務整理の費用見積もりが、街角法律相談所の診断を終えると、複数の事務所から届きます。

 

 

その中で一番ここが条件が良いというところを選び出す事が可能で、どの位かかるのか気になる場合は、匿名で名前を言わなくてOKですので、以下がシュミレーター入口となりますが、とりあえず見積もりを出してみられて、債務整理の費用の見積もり額提示を確認なさった方が、的確にお分かり頂けます。

 

 

街角法律相談所

 


(街角法律相談所は上記診断後、お願いする場合は面談等はナシで、カンタンな申請と着手金等を始めとした費用の支払いをするだけで、手続きをまずは依頼する事ができますので、人気があります。)

 

 

債務整理の費用が税別、いくら位かかるのかは、最終的には大事な部分になりますので、しっかり相談して、依頼して貰うかもしれない先生に値段を聞いてみて下さい。

 

 

土日も関係なく、面談して会う事もなく、通信費だけで匿名で色々聞けるので、かなりしっかり冷静に弁護士さんを選ぶ事が出来る、上手な選び方ができます。

 

 

シュミレーションをせずに、直接腕利きの弁護士さんに相談したいなら

以下は,匿名シュミレーション等を使わずに、債務整理、過払い等、初回相談は手続き費用の問い合わせを含め無料でやってくれるDuelパートナー法律事務所です。

 

 

Duelパートナー法律事務所は、東京にある法律事務所で、あなたが何県にお住まいであっても、あなたのパートナーとなってしっかり債務整理のお手伝いをしてくれます。

 

 

無料の相談ができて、更に債務整理に着手して貰うとなった時には、費用の分割に対応してくれます。

 

 

今スグに債務整理の費用が用意できなくても、借金の毎月の返済が苦しくて、なんとかしたいと思っていらっしゃるのであれば、Duelパートナー法律事務所にとりあえず相談なさってみて下さい。

 

 

毎日沢山の方々が、あれだけ苦しんだ借金問題が、さっぱりキレイに解決し、Duelパートナー法律事務所で債務整理をした方々のほとんどが、Duelさんにもっと相談すれば良かったと答えられています。

 

 

Duelパートナー法律事務所が運営してる、借金お助けナビ無料相談から相談すると、メールで無料相談ができますので一番気になる費用のあたりも色々聞いてみると良いです。

 

 

お問合せは、以下よりどうぞ。

 

 

↓Duelパートナー法律事務所が運営してる、借金お助けナビはこちら

 

伊藤法律事務所